帽子(ハット・キャップ)のクリーニングとお手入れについて

帽子(ハット・キャップ)のクリーニングとお手入れについて

帽子はファッションアイテムとして、毎日のおしゃれに欠かせないという人も多いでしょう。かんたんに雰囲気を変えることのできる帽子は、身につけるだけで気分もリフレッシュしてくれます。
 
帽子は実用面でもとてもはたらき者です。日ざしから肌を保護し、秋冬は吹きすさむ風から頭や顔を守り、温めてくれます。
 
このように普段、日ざしや風の直撃を受けながら働いている帽子は、しっかりとお手入れをしてあげないと傷みやすくなります。帽子を長く快適に使っていくために、普段のお手入れと保管方法についてチェックしておきましょう。
 

帽子の基本的なお手入れ方法

帽子にはたくさんの種類があり、素材もまたさまざまです。そのため、ひとくちに帽子の手入れと言っても、やり方には違いがあります。最初に、だいたいすべての帽子に当てはまる、基本的なお手入れの考え方をご紹介します。その後、帽子別のお手入れ方法や保管方法についてご紹介しましょう。
 
帽子のホコリ落とし
帽子にはいつの間にかホコリが着いてしまいます。帽子のホコリ落としには、帽子専用のブラシを使うと良いでしょう。そんなにホコリが溜まっていない状態であれば、手で軽くはたく程度でも十分に落とすことは可能です。帽子専用のブラシを使う場合は、基本的には毛の流れに沿うようにブラシを動かしましょう。粘着テープを使うとかんたんにホコリが取れそうな気もしますが、実は逆にホコリを寄せ付ける結果につながりかねないのでNGです。
 
帽子の内側を拭き掃除
夏場など、多くの汗をかいた場合、帽子に汗染みができることがあります。これを防ぐために、帽子内部のスベリ部分を拭き掃除します。ぬるま湯等に浸した後、固く絞ったタオルを用意します。このタオルでスベリ部分を拭いてください。その後、風通しの良い場所で陰干しします。
 
少し帽子内部の汚れが気になる場合
固く絞ったタオルを用意します。シミや汚れなどがある場所を、型崩れしないよう、細心の注意を払いながら拭きます。その後、通気性の良い場所で陰干しします。
 
洗える帽子も手洗いで
選択表示をチェックして、洗える帽子か洗えない帽子かをまず確認しましょう。ちなみに、帽子のほとんどは洗うことはできません。水洗いが可能な帽子でも手洗いが普通です。
 
竹ザルなどを利用し、その上に帽子をセット。適度に薄めた中性洗剤(衣料用)を桶などに作り、この洗剤をスポンジに含ませながら、叩くようにして帽子全体を洗っていきます。その後、完全に洗剤が落ちるまで、シャワーを使ってすすぎます。乾いたタオルなどで水分を拭き取ったら、通気性の良い場所で陰干しします。最初から乾かし終わるまで、帽子はずっとザルにかぶせた状態にしておきます。

帽子のクリーニング

帽子のかぶり方帽子の手入れ